BANPRESTO わくわくトーマス きかんしゃトーマスとなかまたち

トーマスや仲間たちと遊ぼう!

by Fresh 100  撮影地:大観覧車 りんくうの星 date:2019/9/15

メーカー:株式会社セガ/株式会社バンプレスト 製造時期:1993~1994年? 

型番(HOPE):IJ 定員:2人 形式認可番号:91-45033

定格消費電力:260W  使用場所:屋内用

☆プロトタイプ☆

トーマスそのもの

☆メロディー(FM音源/YM3438)


目次

どんな乗り物?

遊び方

乗り物の特徴

設置店情報

関連動画

関連キディーライド製品


どんな乗り物?

セガ社とバンプレスト社が共同で開発された、わくわくシリーズ第2弾(わくわくシリーズ全般だと第6弾)。きかんしゃトーマスのビデオ付きキディーライド。トーマスが列車を走る映像とともに、運転ゲームを楽しむことができる。タイトルの「きかんしゃトーマスとなかまたち」と題し、ゲーム中に様々なトーマスの友達が登場する。途中ではその友達と競争したり、手伝ったりすることがあり、プレイヤーに協力を求めることもある。
きかんしゃトーマスの定置式ライドはこの製品が初である。出荷台数はわくわくアンパンマンには及ばなかったが、その製品同様、トーマスのデザインでアイキャッチを得る筐体でプレイヤーに愛された製品だった。


遊び方
1.コインを入れます。店によってはカードが出ることがあります。
2.トーマスとハット卿の会話後、乗り物が動き出します。乗り物は左右に揺れます。
3.マスコンや、ボタンを動かすと、画面上に様々な仕掛けが動きます。
4.途中のゲームで、マスコンや、ボタンを使って遊ぶことがあります。
5.トーマスが車庫へ到着し、エンディングの画面が現れると、乗り物が停止し、おわりです。

乗り物の特徴
君がトーマスの運転手だ!
 
操作部の紹介
わくわくシリーズならでは、モニターはおなじみのように搭載されている。キディーライドでは珍しく、マスコンが2つも搭載されているのは驚きだこと。わくわくアンパンマンと同じように、広々な空間なので、親子合わせて最大3人乗ることができるよ!
 
ゲーム内容
Coming soon…
現在画像などを準備中です。その間に、可能な場合は「関連動画」からどんな内容かご確認ください!
 
トーマスのゲームライドとの見分け方
トーマスの定置式ライドには、この機種の他、右写真の同社が2000年に発売した「トーマスのゲームライド」がある。しかし、外側を見ると、大きさデザインがパット見では見分けがつきにくく、求めている遊び方と違って後悔するプレイヤーがいるかもしれない。
そこで、私はこの両機種の違いを、皆さんにも納得できるよう、少しだけまとめてみた。参考になれば嬉しいな!
(2019/9/29現在)
《前面》
・トーマスの顔の大きさ 
–わくわくトーマス 小さい
–トーマスのゲームライド 大きい
・煙突横の穴
–わくわくトーマス 穴が空いている
–トーマスのゲームライド 穴が空いていない
・顔の左右の注意ステッカー
–わくわくトーマス 貼っていない
–トーマスのゲームライド 貼っている
《側面》
・前方の窓
–わくわくトーマス 幅が小さい、空間
–トーマスのゲームライド 幅が大きい、ガラス越し
他にもあるかもしれないので、分かり次第追記します。

設置店情報

☆設置店情報(「見てみる」をクリックすると詳細画像を確認できます。場所をクリックすると、アクセスを確認できます。)


関連動画(YouTubeから)

わくわくトーマス 【こどもの乗り物】 ゲームセンター

by ファンファンファミリー


関連キディーライド製品

 

  • ゴーゴートーマス!しゅっぱつしんこう!

トーマスの画面付きライドがパワーアップ!ハンドルを回して、様々なゲームができるよ。

 

Thomas & Friends™️ & (C)1993 Gullane (Thomas) Limited.

(C)1993 BANDAI NAMCO Amusement Inc.

(C)SEGA


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です