TOGO ちびっこロボ バトルガー

オレに力を、貸してくれ。

by @Y0SPi  撮影地:登別マリンパークニクス date:2019/8/18

メーカー:株式会社トーゴ 製造時期:1992~1994年? 定員:こども2人

形式認可番号:91-40154(1992~1993年),〒91-45365(1993年~1994年?)

横幅/高さ/奥行(cm):120/155/183 総質量:160kg 

定格消費電力:100~200W  使用場所:屋外用

☆プロトタイプ☆

なし、うつ伏せの戦闘ロボット?

☆メロディー(FM音源/YM2413)☆プレイする度に変わる

超獣戦隊ライブマン 小杉保夫

特救指令ソルブレイン 鈴木キサブロー

鳥人戦隊ジェットマン つのごうじ (待機時BGMは少しアレンジされている)


目次

どんな乗り物?

遊び方

乗り物の特徴

設置店情報

資料情報

関連動画

関連キディーライド製品


どんな乗り物?

トーゴ社のゲーム付きライド。これらの中には、「ヘイタクシー!」や「GO! GO! パトカー」などの運転ゲームもあるが、それよりも前に作ったのが、この「バトルガー」である。男の子が憧れていた戦闘モノのアニメをイメージして作られたというようなクオリティ。ゲーム内は敵と対面して戦うことができ、戦闘の楽しさを味わうことができる。音楽はどれも(30代がよく見てた方は誰もが知ってる?)当時放送された「戦闘モノ」系ドラマの主題歌が、FM音源でアレンジされている。現地点でトーゴ製品の中では「TIME POPPO」に近いほどFM音源を搭載された希少価値のあるキディーライドだ。


遊び方
1.コインを入れます。
2.「みんな、ボタンを押してくれ!」のボイスで乗り物がうこき出します。乗り物は、まるで飛んでいるかのように左右にやや速く揺れます。
3.ハンドルに搭載しているスイッチやボタンを押すと、中央のゲームで弾(ボール)を飛ばすことができます。奥にいる敵にぶつけると悲鳴を上げます。
4.一定時間後、「また一緒に戦おう!」のボイスが流れ、メロディーと乗り物が停止し、おわりです。

乗り物の特徴
憧れのヒーローメカに乗って戦える!
操作部の紹介
座席の前面は壁になっており、ゲームフィールドと、2つのスピーカーが搭載されているよ。でも、スピーカーはステレオじゃないんだよね、、、。それでも両方搭載されることによって、2人が乗ってもちゃんと音が広がって聞き取りやすくなっている設計だ。
このロボットに乗ったら、操縦するのは、あなたですm9 ロボットらしい操縦ハンドルには、持ちながらでも操作できるスイッチを搭載。押すと弾を撃つことができる。ただし、一度打つと3秒経つまで撃てなくなる。中央のボタンは、ランプが光ると撃つことができるぞ。必殺技は「必殺!バトルボンバ」、、、えっ、バトルボンバ、、、???
敵は強いんだ!みんなで心を一つにするんだ!
ゲーム内はビルで包まれた現実の街を再現。し・か・し!敵によって街が壊されているぞ!さあ、弾を飛ばして、敵の体にぶつけるんだ
ぶつけた回数などで結果が変わらず、敵も最後まで倒れないから、乗り物が止まるまでに、何回敵をぶつけることができたか数えながら遊んでみよう。

設置店情報

(No.をクリックすると詳細画像を確認できます。場所をクリックすると、アクセスを確認できます。)

※ユーザーによる情報提供のため、設置店への問い合わせはご遠慮ください。


資料情報


関連動画(YouTubeから)

ちびっこロボ バトルガー 【こどもの乗り物】

by ファンファンファミリー


関連キディーライド製品

 

  • スペースソルジャー

ロボットが2足歩行する革新的なキディーライド。赤と青の2種類があるよ。(動画)

  • トランスフォーム

「へんしーん!」、「がったい!」レバー操作で頭が動く!?(動画)

 

(C)TOGO JAPAN Inc. 1991


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です